小児喘息痕跡がないと思っています

息子の先生には,小児喘息、電話で私の息子を殴ったと言ってくれました.それは夜の自習の時、彼は教室を発見、息子をこそこそして首をすくめ、疑わしい.彼は目で注意して彼を注意して、息子は彼の眼光を迎え撃つて.彼は1歩ずつ教室に入って、教科書を使って数の頭を叩きました.

打擲は打擲と言って、打擲と言ったそうだ!打擲に打擲!私はこの数日、彼は気に入らない、気になる、打擲はまだ間に合わない……」

p> <お昼の――厳しく言っては、毎日昼ごろ、私たち夫婦へ料理を食卓に手入れするとき、彼は――じゅうご歳の靑少年は、中国でフルコース欄の審査員のように、清御台所番頭のように乗って、両手を振って台所やレストランの間を行ったり来たりする、山海の珍味を見て、見て、藜の羹顔して、しわ団.箸を持ってと言うたびに、箸を持って.スプーンを持って.彼は手伝いを知っている.その日の昼、彼は料理を見て、彼の父は言います:“あなたは箸を取ってあなたが助けることができますか?」私はちょうど料理を炒めて、聞いたのはすぐに怒ります:“毎日昼もあなたはあなたを言って、あなたは1つのあほうですか?食堂でホテルを食べていると思いますか」

p>と<彼こそが靑春の後期、強か、私は考えないと言って,坐ってご飯を食べて.

彼は怒って白菜をご飯の上に倒れて,端から碗、三次し2ご飯をかんな口に、肉も食べない、一口食器を置いて、自分の部屋に行きました.ドアを閉めて.

私はとても怒っている!三日間は彼に決めたことを決めた,
媚薬!癖が一つある!

毎日笑顔で出迎え、心穏やかに彼と話して、私はもう久しい!

しかし、先生は彼には彼、彼は彼の頭の中には、彼の頭の中には、打撲傷の打撲傷があるか分からない.私の注意を移して、そのことを忘れてしまいました.

夜自習後息子が家に帰って、私は知らないふりをする彼のことを殴られ、柔らかい声ミルクを忘れないようにしましょう、歯を磨いて.私に会いに怒らないで、しかも彼と話をしても触れなかったたかれることは、嬉しくと思って、私は知らない.痛快にミルク、歯を磨いて、私と話して、私に教えて、彼の隣席の恋愛.彼は気持ちが高まっている、昼間に見た作文のテーマは、私に喜びをもたらす.ある学生はおめでとうを分かち合って書いてくれたり、書いて『友情私に楽しみを与える』、『草花も書いて私に楽しみを与える」など.当時、このタイトルを見て、私は、何か私に喜びをもたらすと思っている.カラオケに行くには歌が?新しい靴を履きますか.有名な有名?宝くじに当たってこれは楽しいことだが、また違うらしい.その後私はついに1つの私は正しい答えだと思っています.そこで私は彼に聞きます:“私は今日の作文のテーマは、何か私に楽しみを与える、あなたは何を書くか?」

やって遊ぶというのは、早いものです.」

あなたは私が何を書くことを当てます?三度のチャンスを当てにする.」

私は私は.

私はすぐに感電されて、絶叫道:“ああ、あ!あなたはどうして知っているのですか?娘のために答えをする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です