妊娠中に生活している妊娠期間中に生活する生活はコンドーム小児喘息をつけるか?

すべての女性はすべて1つの疑問がある:妊娠期間は性生活を行うことができますか?しかし、今多くの女性はすでにすでに、安全な状況下では、性行為の行為の.しかし、この期間のため、二度と受胎しなくてもいいかどうかをコンドームですか?

受胎の部分だけを見ると,確かにいい戴コンドームコンドームを使うことを減らすことができるけど、体液の接触、きっと感染の機会を、妊娠期間、母親の分泌物が多く、且つ糖代謝率が高く、カビの繁殖しやすいので、ば、進行性行為をつけないでコンドーム、医者も反対しない、ただ提案男子学生は必ずでき清潔仕事を回避し,小児喘息、感染.

Pは、性行動時の高潮による子宮収縮が早産になりますか?

p>クライマックスは<
;による収縮が,この収縮しないリード早産ない限り姿勢での圧迫やっと.一般的に、クライマックスによる収縮をすぐに停止して、しかも不規則な場合にルールが収縮し、強さが続いていち分以上、早産の可能性.そして性行為の過程で、陰部は出血がすぐに停止して、しかも速くて医者にかかる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です