古代の小児喘息男(治早漏

早漏は男子惜しむの疾患の一つ.戦国時代の中の本《天下から道談』七损八益中の泄つまり、この.瀋は未提出は泄、或いは、すなわち洩という」.早漏の成因はほとんど精神性の、器質性病変が少ない.そこに再構築を射精の反射的反応を先にし、さまざまな可能性を取り除くような誘因神経衰弱、精神ストレスや生殖係(尤亀頭部)の感染など、早漏は直ちに是正され.

祖国の医学は早漏の病因を思って、しかし陰陽の不調にならない.本症は虚実の異:実証ごとに盛んであると田相火;虚弱症から貧血状態陽亢や腎臓のびくびくする不固.治療は陰陽を調整すると主とする,
勃起不全.丹渓雲:主に隠して腎臓を者も、司疏泄者肝も、二汚いの相火係に属して、その心に.精鋭の関は腎臓、その制は心で、かんしゃくを動かすには火につれ、早漏したり.

古代の中の家を達成するために、延龄益寿不動術の養生の目的、惜しむ精思想の指導の下、多種の精脳を創立した、採陰补阳や気功誘導の功、体操と応急措置は、そのかすの面があり、古の中家創立の念を移転、陰でガス、運気動陰などの法を運用して、臨床の調節早漏、それぞれ効果を取り、射精と性高潮の制御能力を鍛えられる.茲は伝統的な不動術に有益な直し、制御早漏の上記諸法は、後に略述する.

1、紅いが移転する

しきりに早漏のためにまたはストレス者、治療のない患者に気持ちに静かにさせることですが、いわゆる心平如水は、陰精を固蔵で実行しないな.

適用使える性事に勃起は迅速で、しかし次にすなわち山場、精密に制御できない者.紅いと暗示により、協調陰陽,それから射精.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です