お父さんたちの小児喘息女権が芽生えている

デンマーク大学の追跡研究結果を発表した:男の支配人は娘があるから、彼らに変わる女性社員の態度で、女性従業員の賃上げにやすい.

研究成果を見て、私は信じて、私のお父さんとともに思い出したある日、お酒の3回り,彼とおじさんはテーブルの上に言い争い:女の人は努力して自分の独立を持つかどうか事業.

は息子が二人のおじさんに外の世界は、男の世界は、女性の役割は、子供を連れて家を片付ける.私の妻、今毎日孫を連れて、多く充実していることを知らない.お父さんには同意しない:“もし私生の息子は私も言うと、女だから、面倒をみて家庭でいいました;しかし娘がある、私はきっと、女を実現しなければならない、経済独立、これはすべてを持つ発言権と幸福の基礎.」

私は横にこっそりと聞くだけ聞いていて、最後のあの言葉,小児喘息、私のオヤジもはフェミニストだろう.実はね、私は知っていて、まだこのような高度に上昇していないではありません.私のお父さんは普通の男だ.普通の男は、一つの男性社会の中で成長し、会った女は夫と子供をめぐって生きて、かつて彼はきっとそのおじさんのように、女性は男性に依存して、本と太陽は毎日東から昇るのような討論のは本当に必要がないか.そんなある日、1件の事が発生したが、その石のように固いそんな真理にぽっかりと開いた道を縫って――彼が1人の娘.

彼は娘が、それは小さな面白い生命、泣いたり笑って、いたずら子も、好奇心があって、多くの問題を聞いて、作文を書くときも正直一遍律儀真法私の夢に描いて.彼女と1人の小さい男の子は何の違いがありません.彼女に従って大人になって、彼は少しパニック:このポケモン、将来本当に別の男の人が望むと要求の良妻賢母ですか?

彼は出ない化け物に驚くな

パニック、彼があまり理解した男は、自分はそんな男.一人の男が威勢要求妻自己犠牲、彼の背後の女性と、なかなか我慢、大切な娘にされそう.

娘の前で、初めて妻というキャラクターが、あまりにも合わないことを発見しました.以前、彼はどんなに犬が西向きや尾は東には、女の使命は男に希望のその女の人です.でなければ、彼女は存在する必要がありますか?でも、今は、いけない.彼は彼女の成長を見て、彼女の存在自体が奇跡、彼女は明らかには頼る自己価値を体現している男こそ,
バイアグラ病院で!処方してもらう,もっとを聞かなくて男は愚かなる指令.

王朔はかつて娘

を書いて:あなたは赤ちゃんの時のように限り、と笑って、太陽が出ても、部屋を一つ亮.お父さんの眼中に、娘は性別がなかった、彼にしか見えない素晴らしい命――それは女権主義の真の意味:すべての人は、まず自主独立の生命、次こそ、男でも女で、この優先順位に逆転できない.この基礎には、ほとんど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です